貧困」タグアーカイブ

【映画評】メトロマニラ世界で一番危険な街

現金収入と機会が少ない田舎から若者が希望を持って都会に出てくる。貧困のどん底からスタートし、勤勉と才覚、人との出会いを通じて苦難を乗り越えて成功していく。私たちはそういう物語が大好きだ。エビータ、マイフェアレディ、スラムドッグミリオネアなどの映画。もしくは西原理恵子さんの人生のような実録サクセスストーリー。

この映画も最初はそんな映画に思えた。

田舎から出てきて住むところもない主人公の夫婦が、逆境に苦しみながらも、仕事を見つけて、親切な人と出会って、屋根のある家に住み、そして。。。。

夫婦は若く、敬虔なクリスチャンで、善人で、才覚もあり、美男美女。観客は「ガンバレー」と文句なく感情移入できる。

だが。。。。フィリピンの現実はそんなに甘くなかった。

腐りきった大都会に出てきたカネのない人たちにとって、努力、正直、勤勉は通用しない。ストーリーが進むごとに観客は嫌というほど見せつけられる。マニラでは、貧しい人が合法的にミドルクラスのマトモな生活に行き着くまでの道筋はあまりに険しい。

どうやったら、歯が痛い子供を歯医者にやれるか?今日の夜ご飯を手に入れられるのか?

貧乏人の経済学では、いかに貧乏人は頭を使って生活しないと生き残れないかが詳しく描かれていた。この映画はまさにその実録ドキュメンタリーだ。

こうしたドキュメンタリー調の前半からうって代わり、後半はサスペンス調になる。ラストの結末、主人公の究極の実存的選択はあまりに衝撃的だ。

99%の絶望に対して1%の希望。ものすごく素晴らしい、余韻の残るラスト。

映画のテーマは、ひたすら、貧困、貧困、貧困。相対的貧困ではなくて、絶対的貧困。貧困の中で逆説的に強まる家族の絆。

フィリピンの貧しさの理由を思いつくままにあげると次のようになる。

1人口過多

→ヒトがどんどん、生まれる。多すぎる!日本の真逆だ!ヒトが多すぎるから食べられない。労働供給が過剰だから働く人は買い叩かれる。

2 農村の荒廃、まともな仕事のなさ

→農村があまりに貧しい。だから、ヒトがますます都市に集まる。でも、都市にもそのヒトたちを食べさせるだけの仕事がない。教育のある人ですら青息吐息なのだ。貧しい人たちは生きていくために、水商売、危険な仕事、麻薬関連に手を染めるしかない。

3 法律の不徹底

→政府を信用し、法律をちゃんと守っていたら、食べていけないという不条理。

フィリピンのシュールなところは、貧しさが豊かさと隣り合わせだということだ。悪臭とスラムを見ないことにして、高層ビルだけを写せば、写真に写ったマニラの街並みはそれほどシンガポールと変わらない。マニラのショッピングモールは、日本のイオンモールより綺麗で活気がある。

貧しい人たちは、お金のある人たちと取引しながら生活している。上京してきた主人公は金持ちのカネを運ぶ仕事をし、奥さんは白人相手のバーで働いている。

貧しい人は経済の生態系から排除されているのではない。そこに、しっかり組み込まれている。金持ちと貧乏人は社会的には交わらない。だが、経済的には相互依存している。

 

この映画は、そうしたマニラの不思議な姿を掬いとっている。

不思議なのはマニラだけではない。相互依存しているのは何もマニラの金持ちと貧乏人に限らない。世界が経済的な絆で相互依存している。フィリピンと日本もまた相互依存している。

↑日本とフィリピンの相互依存関係をテーマにした古典的名著

この映画を作ったのはイギリス人だという。こういう深い視点でフィリピン社会を題材に捉え、商業作品に仕上げ、私たちにモノを考えさせてくれるのは、フィリピン人ではなくイギリス人。そのこともまた、世界は実に奇妙で複雑だということを教えてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

【書評】貧乏人の経済学ーー金持ちはレールに乗っているだけ?

貧困問題は現代医療の問題と少し似ている。

世界の貧困問題は解決がとてもむずかしい。だから、開発経済の専門家は頭が良く、高学歴だ。開発援助の本は、あたかも動物や病気を観察するようにデータを駆使し、上から目線で貧困や貧乏人を外から眺める。

一方、貧しい国を援助する側の国の人間の私たちも、実際には1日1ドル以下の生活をしたことはないし、現場で貧乏人と遭遇したこともないから、そういう専門家が言うことが正しいのか間違っているのか、よくわからない。

では、「撲滅」すべき貧困の張本人、1日1ドル以下の生活を誰よりも良く知っている貧乏人はどうかというと、彼らは声を上げない。自分で自分のことを外部の人たちに理路整然と説明することができない。貧困を抜け出すのに何が必要かを訴える場もない。

本書は、開発経済の専門家が、「あたかも貧乏人本人が説明するように」貧困を説明した本だ。ユニークなのは、貧乏人の行動の背後のモチベーションに内側からアプローチしているところだ。貧乏人の心のレベルに入って、その行動を説明するのだ。

個人的には次のくだりが心に残った。

  • 人の何ができて何ができないかという期待は、あまりにしばしば自己成就的な予言となる(エリートの子供は親に「できる」と言われるからでいるようになる。子供に自信を持たせることの重要性)
  • 希望の喪失と楽な出口などないという感覚があると、坂道をまた登ろうとするのに必要な自制心を持つのが難しくなる(成功体験と信念の重要性)
  • リスクに直面すると人は不安になり、不安になると緊張して憂鬱となり、集中し、生産性を上げ、合理的判断ができなくなる(安定とリスクヘッジの重要性)

外側から見た紋切り型の常識や固定観念でない貧乏人の動機や原理を個別テーマごとに丁寧に分析することで、「こういうときには、こうしてあげるといいよね。。。。」と丁寧に処方箋を示す。

たとえば、一見、貧乏人は起業の天才のようだが、実はそのビジネスの大半は規模が小さく、収益性が低い。貧乏な親の大半は子供に公務員になってほしいと考えている。必要なのは起業させることではなく中規模企業への資金提供。

食べ物と競合する圧力や欲望が多い中、貧乏人は収入が増えても食事の量や質を改善しない。だから、社会的見返りを得るためには子供と妊婦の栄養摂取に直接投資するべき。

貧乏人は老後のリスクヘッジのために子供を産む。老後の社会保障を充実させれば、子沢山である必要はなくなる。

希望、リスク、信頼、惰性。。。貧乏人の心理メカニズムは私たちと同じだ。彼らはある時は合理的で辛抱強く、ある時は自制心に欠け、不安にとらわれている。

私たちと彼らに違いがあるとすれば、私たちには社会保障、公共のインフラ、銀行や保険へのアクセス、安定した収入などがあり、彼らにはない、ということ。だから金持ちは考え、選択する必要はなく、貧乏人は必死に考え、選択する必要がある。

本を読んで、私自身は随分、いろいろ選択し判断してきたようだけど、明らかに土台の部分が恵まれていて、既存の制度に楽々と乗っかっていたんだなあ、と実感。青年海外協力隊などで、金持ちの国の人が貧乏な国の人に色々なことを教えに行く。でも、実は選択と判断ということでは、貧乏な人の方が金持ちな人に教えることがあるような気がする。生死に関わるようなリスクに日々直面し、意思の力で難しい環境を生きている人はものすごく偉い。レスペクトする。

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

ローコスト•オペレーション

私は格安が好き。無駄なサービスが嫌い。

海外旅行はLCCのエアアジアばかりで保険にも入らない。

エアアジアは乗客が滑走路をトコトコ歩いて搭乗口まで行く。

エアアジアは乗客が滑走路をトコトコ歩いて搭乗口まで行く。

PCもスマホもサーバーも、no fringeの格安品。メールは無料のhotmailだけ。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest