行動経済学」タグアーカイブ

【書評】貧乏人の経済学ーー金持ちはレールに乗っているだけ?

貧困問題は現代医療の問題と少し似ている。

世界の貧困問題は解決がとてもむずかしい。だから、開発経済の専門家は頭が良く、高学歴だ。開発援助の本は、あたかも動物や病気を観察するようにデータを駆使し、上から目線で貧困や貧乏人を外から眺める。

一方、貧しい国を援助する側の国の人間の私たちも、実際には1日1ドル以下の生活をしたことはないし、現場で貧乏人と遭遇したこともないから、そういう専門家が言うことが正しいのか間違っているのか、よくわからない。

では、「撲滅」すべき貧困の張本人、1日1ドル以下の生活を誰よりも良く知っている貧乏人はどうかというと、彼らは声を上げない。自分で自分のことを外部の人たちに理路整然と説明することができない。貧困を抜け出すのに何が必要かを訴える場もない。

本書は、開発経済の専門家が、「あたかも貧乏人本人が説明するように」貧困を説明した本だ。ユニークなのは、貧乏人の行動の背後のモチベーションに内側からアプローチしているところだ。貧乏人の心のレベルに入って、その行動を説明するのだ。

個人的には次のくだりが心に残った。

  • 人の何ができて何ができないかという期待は、あまりにしばしば自己成就的な予言となる(エリートの子供は親に「できる」と言われるからでいるようになる。子供に自信を持たせることの重要性)
  • 希望の喪失と楽な出口などないという感覚があると、坂道をまた登ろうとするのに必要な自制心を持つのが難しくなる(成功体験と信念の重要性)
  • リスクに直面すると人は不安になり、不安になると緊張して憂鬱となり、集中し、生産性を上げ、合理的判断ができなくなる(安定とリスクヘッジの重要性)

外側から見た紋切り型の常識や固定観念でない貧乏人の動機や原理を個別テーマごとに丁寧に分析することで、「こういうときには、こうしてあげるといいよね。。。。」と丁寧に処方箋を示す。

たとえば、一見、貧乏人は起業の天才のようだが、実はそのビジネスの大半は規模が小さく、収益性が低い。貧乏な親の大半は子供に公務員になってほしいと考えている。必要なのは起業させることではなく中規模企業への資金提供。

食べ物と競合する圧力や欲望が多い中、貧乏人は収入が増えても食事の量や質を改善しない。だから、社会的見返りを得るためには子供と妊婦の栄養摂取に直接投資するべき。

貧乏人は老後のリスクヘッジのために子供を産む。老後の社会保障を充実させれば、子沢山である必要はなくなる。

希望、リスク、信頼、惰性。。。貧乏人の心理メカニズムは私たちと同じだ。彼らはある時は合理的で辛抱強く、ある時は自制心に欠け、不安にとらわれている。

私たちと彼らに違いがあるとすれば、私たちには社会保障、公共のインフラ、銀行や保険へのアクセス、安定した収入などがあり、彼らにはない、ということ。だから金持ちは考え、選択する必要はなく、貧乏人は必死に考え、選択する必要がある。

本を読んで、私自身は随分、いろいろ選択し判断してきたようだけど、明らかに土台の部分が恵まれていて、既存の制度に楽々と乗っかっていたんだなあ、と実感。青年海外協力隊などで、金持ちの国の人が貧乏な国の人に色々なことを教えに行く。でも、実は選択と判断ということでは、貧乏な人の方が金持ちな人に教えることがあるような気がする。生死に関わるようなリスクに日々直面し、意思の力で難しい環境を生きている人はものすごく偉い。レスペクトする。

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest