理想の嫁」タグアーカイブ

【音楽評】俺の彼女 宇多田ヒカル

「相手に自分を合わせすぎて疲れちゃう」ことがよくある。ママ友とのつきあい、親戚との付き合い。。。。「これはここでは言える」「これにでこうやって反応しよう」。そうやって自分を切り刻んで、自分のほんの一部だけをさらけ出して、愛想笑いする。

それがあまりにも長続きすると、社会の同調圧力に合わせて演じるのが息苦しくなってくる。

でも、そうした同調圧力をかけてくる相手が最も身近な人だとしたら。夫や恋人に絶え間なく「本当の自分」を隠しつづけて演じる状況ならストレスはさらに大きくなる。

宇多田ヒカルの「俺の彼女」はそんなシチュエーションを歌った歌だ。

俺の彼女はそこそこ美人 愛想もいい
気の利く子だと仲間内でも評判だし

俺の彼女は趣味や仕事に干渉してこない
帰りが遅くなっても聞かない 細かいこと

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest