五体」タグアーカイブ

ダラムサラ旅行④——コルラする人々

ダラムサラは、去年のネパール、ボダナート(↓)に次いで、私が訪れたチベット人が多く住む2つ目の場所。

ボダナートではこのストゥーパの回りを多くの人々がコルラ(巡礼路を回る)していた。五体投地しながら回っている人もいた。

ネパールのボダナートではこのストゥーパの回りを多くの人々がコルラ(巡礼路を回る)していた。五体投地しながら回っている人もいた。

ロングヘアを後ろで一本のおさげにして、手に数珠を巻いて、横ストライプのエプロンをしたおばあさんや鳥打帽を冠ったおじいさんなど。写真でしか見たことのな かったリアルの民族衣装の人々が道を通り過ぎる姿は、それだけで眼福、旅の醍醐味。少しすると、たちまち目が慣れてしまうけど。。。

これはダラムサラ。TIPAで行われたショトン•オペラの帰り。

これはダラムサラ。TIPAで行われたショトン•オペラの帰り道。

さらなる旅の醍醐味は、そこに写真では伝わらない匂いや味、光や温度が加わること。お香と土ぼこりの混じった匂いに、人々がモゴモゴと唱える観音菩薩のマントラ「オンマニペフム。。。」の合唱。時々遠くの窓から聞こえてくる僧侶の低い読経の声。これは、マレーシアのペナンの街で、朝、アラビア語のアザーン(礼拝への呼びかけ)の声で目覚めるのに比肩する清心な体験だった。

ちなみに、スリランカ、タイなど、これまで訪れた仏教国で、ボダナートやダラムサラくらいに、街角から濃厚な仏教色が伝わってくる場所はなかった。数ある仏教徒の中でも、とりわけチベット人は仏教にのめり込んでいる民族なのだと実感した。

今回のダラムサラ滞在では、ゲシェ(=仏教博士)の仏教講義を聴講して、チベットの伝統的な仏教哲学の内容と学習方法を垣間みることが出来た。だが、仏教体験ということでは、それと同じかそれ以上に、街全体に漂う人々の民間信仰から感じられるものがあった。

チベットの民間仏教信仰は、なぜか、マニ車を回したり、巡礼路を回ったり、「回る」要素が濃厚だ。マニ車をクルクル回したり、巡礼路を回りながら、お経を唱える。回り、唱えることで功徳を積む。帰依を深める。

http://muza-chan.net/japan/index.php/blog/rare-prayer-wheel  ダラムサラで撮り忘れたので、マニ車の写真を拝借しました。これは何と、日本の寺にあるものだそうです。

http://muza-chan.net/japan/index.php/blog/rare-prayer-wheel ダラムサラで撮り忘れたので、マニ車の写真を拝借しました。これは何と、日本の寺にあるものだそうです。

回る代わりに、私たち日本人は神社でお賽銭をチャリンと入れて柏手を打ったり、お寺の仏像に手を合わせるわけだが、チベット人は「回る」「回す」分、参拝に時間がかかる。それも一回だけではなく、何度でも、回し、回る。そして、回したり、回っているあいだは、ずっと数珠をまさぐりブツブツと唱える。さらに熱心な人は、全身の筋肉を使って五体投地する。五体投地して回ったり、カウンターを持って、回数を数えながら仏前で五体投地し続ける。これだけでも 私たちの淡白な参拝スタイルとは随分、違っている。

さらに、私たちと比べてチベット人は参拝頻度が圧倒的に高い。どの家に行っても仏壇があるし、誰でもとにかく暇さえあれば礼拝し、ブツブツ唱えている感じである。昼間に寺にいるのは老人や小さな子供を連れた母親などが多いものの、夕方になると、仕事帰りの老若男女多くのチベット人が寺を集い、ブツブツ唱え、コルラして、心を整えて一日を終える。。。という感じである。

こうした熱心な信仰の背景には、生前に少しでも多くのコルラをし、マントラを唱え、善行を重ね、功徳を積めば、より良い転生を迎えることができる、という信仰がある。輪廻転生の思想が完全には浸透しておらず、どちらかというと祖先崇拝が強く、神仏に祈る内容は現世利益が多い日本人とチベット人は、そもそも祈る内容や姿勢が違うのかも。。。と思った。

とはいえ、よく考えれば日本にもお百度参りや巡礼の伝統はあるし、熱心な仏教徒はいる。必ずしも日本人とチベット人の信仰心が本質的に異なっているのではなく、違いはむしろ、都会と田舎の人々の信仰心の違いなのかもしれない。仕事やレジャーに多忙な不信心な都会民の代表である私は、わざわざダラムサラまで来て、「忘れてしまった過去の祖先の生活」に単に郷愁を抱いているだけかもしれない。

それでも今回、現地の人に教わりながら、コルラをし、マニ車を回し、五体投地に挑戦し、マントラを唱えてみた。すると気ついたことがある。仏教のシンボリズムへの物理的エクスポージャーの高い生活、身体を使った参拝は、確かに精神衛生やストレスに効く、ということである。

仏教は人生の本質を苦と定義し、悟りによる人類の苦からの解放を解く。その苦の原因となるのが、絶えずこころに浮かんでくる「マイナスの感情」である。私たちのストレスは、このマイナスの感情が元になっていることが多い。こうしたマイナスの感情が発生するメカニズムを探り、それが発生しないようにするための心の訓練が瞑想であるわけだが、一方、そうした瞑想修行が叶わない衆生も、数多くのコルラ、マントラの詠唱、五体投地を心を込めて行い、功徳を積もうとすることで、少なくとも、それを行っている最中は、無駄な欲望やマイナスの感情を抑えられる、というわけである。その理由は単純なもので、人間は1度に二つ以上のことをうまく出来ないからだ。少なくとも参拝している間は、マイナスの感情は中断せざるを得ない。

あるいはイスラム教徒の1日に7回の礼拝の義務とも似ているかもしれない。だが、1日7回の礼拝の義務で得られる最大の効用は、礼拝によって、放っておくと自動的に湧き上がってくる欲望、悪い心やネガティブな感情をそこでリセットして、心を掃除できることにあるのだろう。

そして、チベット人のコルラやマントラ詠唱もそれと似た効果があるのかもしれない。単に歩いたり、回したりすることでは、空や菩提心の哲学といった難解な仏教思想の理解には到達できないかもしれない。しかし、少なくとも、今ここにある、マイナスの感情の流れを中断させ、心をニュートラルな状態に持って行くことが出来る。平安な心の状態を保ち続けることこそが人生で大事なことであり、それよりも重要な物質的、社会的達成なありえないんだよ、という価値観がその根底にはある。

今回、私は初めて現地の多くのチベット人が手にしている数珠を購入してみた。数珠を手首に巻いた旅行客なんて一昔前のヒッピーみたいでイヤだと思っていたのだが、一線を超えてみた。実際に数珠を巻いて、常に手首にそれを感じてまさぐっていると、「仏様を忘れちゃいけないよ」「いつか死ぬことを忘れちゃいけないよ」「自我なんてないんだよ」「怒っちゃだめだよ」と常に心にリフレインが入り、少しだけ心が落ち着くことに気がついた。

たとえ物質的な目標を達成しても、社会的成功を収めても、心がマイナスの感情で満たされていたり、他人を憎んでいたり、孤独感に苛まれるなら、そうした目標達成にはあまり意味がない。「私はあそこで、ああするべきだった」「あの人は何で、このように振る舞うのか?」「将来、こんな風になればいいのに」。無駄なことをクダクダ考え続けるくらいなら、コルラして、五体投地して、マントラを唱えて、そもそもグルグル湧き上がる思念には何ら実質がないという仏様の教えに帰依する方がいい。そんな風に思った。

R0000383 IMG_0159

少なくとも、無為なネットザッピングやおしゃべりをするくらいならコルラを。ジムでトレッドミルをやるなら、五体投地を。なぜなら、それは、心と身体の両方に効く一挙両得の手段だから。でも日本では五体投地、できる場所、あまりないですよね。。。

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest