人物」カテゴリーアーカイブ

【書評】何があっても大丈夫 櫻井よしこ

櫻井よしこさんはもう70代なのに現役バリバリのジャーナリストだ。テレビで見るお姿は、奇跡的に若々しく、頭脳明晰。それでいて清潔で優しげで美しい。ニュースキャスターをされていた頃より透き通った妖精のような美しさを感じさせるほどだ。

 

http://www.jimo2.jp/areanews/index.php?id=2148

個人的にはチベット関係のパーティーで一度、お姿を拝見したことがある。とても華奢な方で、ばっちりブローでヘアスタイルを決めていた。

櫻井よしこさんと、他の凡百の女性を隔てる壁は何か?

その清潔感の源はどこにあるのか?

それが知りたくて、自伝的な迷わない。何があっても大丈夫を読んだ。

彼女の秘密は、小さい時からお母様に言われ続けてきた「何があっても大丈夫」という魔法の言葉だった。夫に捨てられた極貧のシングルマザーの環境に陥っても、妬み、僻み、諦めに偏らず、自己卑下せず、人を恨まず、櫻井よしこさんのお母様の心は奇跡のように清潔なままだった。

人間、「大丈夫」な環境があるから「大丈夫」というのは簡単だ。大抵の人は、「大丈夫」な環境の下でも根拠のない不安と恐怖に押しつぶされて自分の足で一歩を歩みだせない。でも、彼女はほとんど大丈夫じゃない環境で「大丈夫」と呪文を唱え続けて、人生を切り拓いてきた。

結婚して子供を生んでという伝統的生き方を全く否定していなかったのに、結果的に、その人生はまるで修道女のようにストイックなものとなった。彼女のずば抜けた能力と社会的成功には、仕事を追い求めているうちにいくつも家庭を持ってしまうような破天荒でアウトライヤーな父親の血も関わっているに違いない。

ジャンルは違うものの、ひどい幼少時代を送りながら、素晴らしい仕事をし、清潔な人格を開花させた高峰秀子さんや、やはり生まれで苦労しつつも、自分の中の矛盾を統合して素晴らしい能力を社会で発揮したアメリカの前大統領バラク・オバマ氏のことを考えた。

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

【書評】意識のスペクトル ケン・ウィルバー

意識、スピリチュアル、宗教系の本には相性が合う本と合わない本がある。私は感性だけで書かれたポエムお花畑系や人生論、道徳を説いたような本は苦手。かといって、学術的な仏教論理書やガチの古典は歯が立たない。

ケン・ウィルバーの本とはすごぶる相性がいい。。。。この人の書いた本は全部読みたいと思う。ついていきたい、と思う。僭越ながら、理屈っぽさ、間口の広さ、問題意識や方向性、文体、すべてが自分の性分に合っている。

ケン・ウィルバーは、さまざまな賢人や哲学者などの言葉の文脈を説明する水先案内人。いわば、「おまとめキュレーター(と言ってしまうのは失礼かもだが)」なのだが、その整理力、構成力、キュレーションのセンスは尋常ではない。自分で作った構築物の枠組みに端正に賢者の言葉を組み込んでいき、それを通じて自分の主張を積み上げていく。日本では分野は違うが橘玲が似た手法を取っているように思う。

素晴らしいのは、欧米のアカデミックな知的伝統(主に心理学)とインド、中国、日本の東洋的な伝統(仏教、ヴェーダンタ哲学、老荘思想)を消化して、すべてを同じ土俵で語っていること。「アカデミック、西洋哲学、科学」と「オルタナティブ、宗教、スピリチュアル」という二つの違うジャンルだと思われて分断されていたものを(「あれ」と「これ」に分けずに)見事に一つの流れに統合するのだ。

クリシュナムルティ、ユング、グルジェフ、老子だけでなく、プラトン、スピノザ、アウグスティヌス、ヴィトゲンシュタイン。そして、まだ私の読んだことのない、多くの東西の賢者たちの言葉。そこには西洋も東洋も、偽りの対立もなく、まるで見事に調律された重層的なパイプオルガンの音色のようだ。多くのことについて、違う人が同じことを違う言葉で言っていただけなんだ、○○はそういう意味だったんだ。。。。と思う。

本書で徹底して語られるのは、人間の意識が偽りの(幾重もの)二元論に陥っている有様、そしてそれが統合されることの意味である。言葉で語るのがかくも難しいことを、かくも言葉を尽くして、親切に、丁寧に。。。。

もちろん、読むだけで自分の中の二元論が解決したり、苦しみがなくなったりするわけではない。でも、少なくとも心の「メカニズム」の解説として私にとってこれ以上の良書は今のところない。

これで、「万物の歴史」、「グレイス・アンド・グリット」に次ぐ3冊目のケン・ウィルバー。来年は彼の最大の著書Sex, Ecology, Spirituality: The Spirit of Evolutionを読破したい!

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

クリシュナムルティの言葉:不安と快楽

クリシュナムルティの言葉。

不安と快楽はコインの裏表です。そのどちらかから抜け出さない限り、もう一つからも解放されません。あなたは人生でずっと快楽を感じ続け、しかも不安から解放されたいと考えています。そのことばかり考えています。でも、もし明日、快楽が否定されたら、あなたは満たされず、怒りと不安と罪悪感を感じ、あらゆる心の惨めさが襲ってくるということをあなたは理解していません。不安と快楽は同時に観る必要があります。

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

【書評】グレース・アンド・グリット ケン・ウィルバー

ケン・ウィルバーの「万物の歴史」を読んだ後、こんな書き物を書く人は一体、どんな人物なんだろう?奥さんはどんな人だったんだろう? との一種のミーハー心で手に取った本。

グレース&グリット―愛と魂の軌跡〈上〉グレース&グリット―愛と魂の軌跡〈下〉

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

【音楽評】俺の彼女 宇多田ヒカル

「相手に自分を合わせすぎて疲れちゃう」ことがよくある。ママ友とのつきあい、親戚との付き合い。。。。「これはここでは言える」「これにでこうやって反応しよう」。そうやって自分を切り刻んで、自分のほんの一部だけをさらけ出して、愛想笑いする。

それがあまりにも長続きすると、社会の同調圧力に合わせて演じるのが息苦しくなってくる。

でも、そうした同調圧力をかけてくる相手が最も身近な人だとしたら。夫や恋人に絶え間なく「本当の自分」を隠しつづけて演じる状況ならストレスはさらに大きくなる。

宇多田ヒカルの「俺の彼女」はそんなシチュエーションを歌った歌だ。

俺の彼女はそこそこ美人 愛想もいい
気の利く子だと仲間内でも評判だし

俺の彼女は趣味や仕事に干渉してこない
帰りが遅くなっても聞かない 細かいこと

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

雨ニモマケズ

宮沢賢治の童話は好きだったが、「雨ニモマケズ」は好きじゃなかった。

結構背は高くて167センチくらいだったと甥っ子さんのyoutubeで聞きました

意外と背は高くて167センチくらいだったと甥っ子さんがyoutubeで言ってました

何だか、校長先生の訓話みたいで息苦しくて。「それはどーだろうけど、そんな風に生きられるわけないよね。はいはい。スルー」みたいな感じ。世俗の垢まみれでドロドロな私には、自然を愛し、菜食で童貞で、清く正しく38歳で死んだ宮沢賢治はいつのまにか「伝記:日本の偉人その3」の世界でホコリをかぶった人になっていた。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

宇多田ヒカルのタメ口

川崎の郊外ベッドタウンで育った私。小学校低学年のときの作文の一節に「便所」と書いた。

作文を読んだ母は激怒。「便所なんて言葉!止めなさい!みっともない!」と私を叱った。

では何と書けば良かったのか。正解は「お手洗い」か、「おトイレ」だった。「便所」は田舎っぽい。まるで肥溜の匂いがする。母は私に都会的で上品な言葉遣いを望んだ。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

【書評】田舎暮らしができる人できない人 玉村豊男

田舎暮らし、ロハス、スローライフといえば玉村豊男さん、というくらいの有名人の田舎本。

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

クリシュナムルティ:過去の記憶が生活を退屈で空虚にする

クリシュナムルティの言葉。

~雲や葉を見ることは楽しい。美を感じるのは楽しいことだが、その楽しみを次の日まで引き伸ばそうとすると苦しみが始まる。歓喜と快楽はまったく違うものだ。快楽は、引き起こしたり、それについて思考したり、長く引き伸ばしたり、味わったり、追い求めたり、大事にしたりできる。だが歓喜やエクスタシーにはそれができない。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

安倍昭恵さん

ミッシェル・オバマ米大統領夫人はゴージャスな存在感で夫を支えている。夫のスピーチを後でうっとりと聞き惚れているだけではない。スタイリッシュなファッションに身を固めて夫に寄り添い、幸せで安定したカップルを演出する。たびたび行うスピーチでも、夫の政策が如何にアメリカの進歩に貢献しているか、夫がどれだけ真剣に祖国のために尽くしているかを力説する。彼女の全ての社会活動は、夫の政策の認知度を高めるのに貢献している。まさに夫婦は一心同体。

www.usmagazine.com

www.usmagazine.com

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest