チベット」カテゴリーアーカイブ

書評: 旅の指さし会話帳 (65) チベット ここ以外のどこかへ!-アジア

ちょっと忙しくて、ブログ更新の暇がなく、コクリコのAmazon書評からの転送で失礼。チベット語学習2年目。ようやく、チベット文字が判別可能に。いよいよ来年はダラムサラ訪問するぞ!

旅の指さし会話帳 (65) チベット ここ以外のどこかへ!-アジア

チベット語の勉強をしています。チベット語はメジャーな言語と違い、初心者向けの分かり易い教科書がとても少なく、また文字が特殊なので基本単語の読み方のところで挫折気味でした。

こ の本は旅行用ではありますが、基本単語と基本的な言い回しについて、チベット文字でのスペルとおおよその日本語の読み方が書いてあるので、初心者のチベッ ト語の学習に最適です。ベーシックな文法さえ習っていれば、この本一冊で随分、いろいろなことが言えるようになります。また、巻末の索引は辞書としても使 えます。

著者は日本のチベット語研究の第一人者で、チベットの文化的背景にも通じており、内容に信頼が置けます。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

なんちゃって仏教徒

般若心経を読んだり聞いたりするのが好きだ。「これも幻、あれも幻」という、ニヒルでアナーキーな感じが。お葬式で聞くと「そうだよね、諸行無常。死んでも生きても同じね」という気分になる。真言宗の護摩焚きの儀式などで、太鼓を叩く大音声と燃え盛る炎とともに聞く「ギャーテーギャーテー」によって体内のエネルギーが上る感じがする。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

チベット人が教えてくれた3つのこと

チベットの友人が教えてくれたチベットのシンプルな日常の知恵。

1 過去の行いを後悔しない

2 物事を常に1つのアングルではなく、さまざまアングルから見るようにする

3 AとBを選ぶとき迷わない

実にシンプル。この1つ1つを確実に実践し、実践を積み上げれば、確実に人生の質は向上しそうだ。私なりにこの3つの知恵の意味を考えてみた。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

ダライラマ法王と科学者の対話

昨年に続き、ダライラマ法王が来日中。肌ツヤ良く、お元気そうだ。

http://ilha-formosa.org/より

http://ilha-formosa.org/より

昨日のホテルオークラのイベントに登壇されたダライ・ラマ法王は、緋色の僧衣に身を包んだ全身から立ち上る温かい雰囲気。大きな卵型のお顔、無邪気で人懐っこい、でも知的な目、たくましく筋骨隆々とした身体。少し鼻の下が長く、いつも口角の上がった薄い唇の口元。力強くセクシーなバリトンボイスと、独特のクスクス笑い。これら全てが素晴らしく、法王の辺りからはオーラと清浄な空気が発散していた。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest