月別アーカイブ: 2014年11月

書評: 旅の指さし会話帳 (65) チベット ここ以外のどこかへ!-アジア

ちょっと忙しくて、ブログ更新の暇がなく、コクリコのAmazon書評からの転送で失礼。チベット語学習2年目。ようやく、チベット文字が判別可能に。いよいよ来年はダラムサラ訪問するぞ!

旅の指さし会話帳 (65) チベット ここ以外のどこかへ!-アジア

チベット語の勉強をしています。チベット語はメジャーな言語と違い、初心者向けの分かり易い教科書がとても少なく、また文字が特殊なので基本単語の読み方のところで挫折気味でした。

こ の本は旅行用ではありますが、基本単語と基本的な言い回しについて、チベット文字でのスペルとおおよその日本語の読み方が書いてあるので、初心者のチベッ ト語の学習に最適です。ベーシックな文法さえ習っていれば、この本一冊で随分、いろいろなことが言えるようになります。また、巻末の索引は辞書としても使 えます。

著者は日本のチベット語研究の第一人者で、チベットの文化的背景にも通じており、内容に信頼が置けます。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

マーガレット•ハウエルのセーター

長く証券会社のOLだったから、若い時から随分、服にお金を使って来た。衣食住のうち、一番お金をかけたのは間違いなく服だ。とくに一番、金回りの良かった30代後半は、随分、いろいろなブランドの服に挑戦した。

一番、散財したのは靴とスーツ。マノロ•ブラニクのハイヒールやマルニのワンピースは持っているだけで幸せで、身に付ければさらに幸せだった。一万円札が高級ブランドのファッションに次々に化け、ブティックから出るたびに「よし、また稼ぐぞ!」と心を新たにしていた。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

ロルフィング体験記

39歳から40歳にかけての2年間を歯科治療と歯列矯正に費やした。

迷いつつ、その当時としてはかなり多くの時間とお金を歯に費やしたわけが、その後の生活の質の改善という点で考えると、「あの時点でやっておいて良かった!」と心から思う。私の人生で最高の投資だった。

その後7年。今年、思い切って挑戦したのが、米国式整体の「ロルフィング」。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest