月別アーカイブ: 2014年8月

大きな変化、小さな変化

20代、30代と、私の行動の原動力は、「もう飽きた!」。求めていたものは大きな変化とリセットだった。

そもそも、大学を卒業して外国に渡ったのは、生まれ育った街と人間関係に飽きてしまったから。20代は日本とフランスを行ったり来たりしていた。結局30代以降、東京に腰を落ち着けることになったが、その理由も、一言で言えば。。。今度はフランスに飽きてしまったからだった。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

【映画評】めぐり逢わせのお弁当——The Lunchbox

7月のマダム•イン•ニューヨークに続いて、シネスイッチ銀座で2本目のインド映画を鑑賞。どちらの映画も金曜日のレディースデーは立ち見が出るほどの盛況。

マダム•イン•ニューヨークも、めぐり逢わせのお弁当も、インド西部の大都市ムンバイを舞台にした映画。マダム•イン•ニューヨークのヒロインはアッパーミドルの専業主婦なのに対し、めぐり逢わせのお弁当のヒロインはローワーミドルの専業主婦。階層が違えば、主人公のマインドセッティングもストーリー展開も変わってくる。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

自分を矯正する

白髪染め、化粧、美容整形、歯列矯正、永久脱毛、ダイエット、骨盤矯正。

21世紀の今、ありのままの状態を隠したり、矯正する手段は多くある。

人はどこまで生来のありのままの姿であるべきで、どこまでが矯正されるべきなんだろうか?

Should it let go or not?

yjimage-2

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

ゆるゆるの逆説

時代のトレンドは「ゆる、脱力、癒し、抜き感」に傾きつつある。交感神経より副交感神経。吸う息より吐く息。ノーネクタイ。エアロビクス、ジャズダンス、筋トレからヨーガ、ゆる体操や太極拳へ。

ITや交通手段の発達、グローバル化で社会のスピードがあまりに早くなり、余裕やゆとりが失われ、世競争が激しくなったことの反動か。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

マサイ•シューズ

足首、骨盤トレーニング、股関節、リリース、ゆる体操。。。ボディ再発見の旅の途中でひらめいた新しいキーワードは、「マサイ族の靴」。そう、MBTシューズだ! 週末、早速、東銀座の店に自転車で駆けつけて買った。スカートにも合わせられるシリマのチョコレート色のパンプス形のものを。幸い、セール中だったので、普段より安く買えた!

Exif_JPEG_PICTURE

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

引き続き体型、そして骨盤

なんだか体型の話ばかりで申し訳ないのだが、槍ヶ岳から帰って来てから猛暑の東京で仕事やビーズに身が入らず、すっかり気分はphysicalモード。ここ数週間は知的読み物やソーシャルや世の中の流行りからは関心が逸れて、「からだ」「骨」「筋肉」にフォーカスしている。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

体型とシルエット

40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て、と言われる。子供時代や若い頃は天性の顔かたちがモノを言う。だが40歳になる頃には自分が人生で行って来た選択や日々の生活の中の感情が無意識に顔の表情に作用して、その人の人相をユニークに変化させていく。

他人の顔を観察してみると、実際その通り。明るく生きていた人は明るい顔になり、暗く生きて来た人は暗い顔になる。「いい顔」「悪い顔」というのは間違いなく存在するし、「いい顔」の人はやはりそれなりの人生を歩んでいる。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest