月別アーカイブ: 2013年11月

お地蔵さん

初めてネットで買い物をしたのは2003年だった。楽天でおそるおそる使い捨てコンタクトレンズを買った。楽天は過去の購入履歴が全て出てくるから、たまに自分の買い物史を振り返るのも面白い。

この10年、私の全消費に占めるネット比率は高まる一方だ。今では、本はもとより、インクカートリッジやプリント紙などの消耗品、洋服、靴、バッグ、家具、アフリカの骨董、アイルランド製のオートミールまでネット経由の購入。海外サイトからの直接購入を含め、これまで決済や配送のトラブルは一切、ない。店舗に行く交通費も時間も節約できるし、品揃えや価格でネットは圧倒的に優位だ。スーパーや駅前店舗など以外でわざわざリアルの店舗に足を運ぶという習慣は私の中で失われた。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

書評「談合文化論」

昨日の記事に「物事をさまざまなアングルから見るべし」というチベットの教えについて書いた。本書は、まさにその大切さを学べる最適の本。

談合文化論

良かれ悪しかれ、日本文化や国民性を形作る特徴は、人口稠密で退出不能な農耕社会によって作られたものだ。日本人が、辛抱強く、愛想笑顔を浮かべて、正直で勤勉なのは、常に多くの人に囲まれていて属する共同体から逃げられないからだ。

街角の工事現場でヘルメットを被って一日中旗を振り、「危ないですよ~、自転車から降りて歩いてくださ~い、毎度、ご迷惑すいませ~ん」、と通りがかりの人々に愛想笑いを振りまき、ペコペコ謝るオジサン。ロボットではなく、本物の人間。暑い日も寒い日も、信じられないほど我慢強く。

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

チベット人が教えてくれた3つのこと

チベットの友人が教えてくれたチベットのシンプルな日常の知恵。

1 過去の行いを後悔しない

2 物事を常に1つのアングルではなく、さまざまアングルから見るようにする

3 AとBを選ぶとき迷わない

実にシンプル。この1つ1つを確実に実践し、実践を積み上げれば、確実に人生の質は向上しそうだ。私なりにこの3つの知恵の意味を考えてみた。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

眠り口銭の水流

【眠り口銭】売買において仲介などの役務を提供することなく,従来からの商慣習・取り決めにより自動的に入る手数料。 --大辞林より

小さい頃、「仕事でお金をもらうのは大変だ」と言われて育った。だが世の中には、2つの違う種類の仕事があるというのが私の実感だ。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

【映画評】「ハンナ・アーレント」

hannah昔、フランスの学校の授業でハンナ・アーレントの「全体主義の起源」が課題図書だった。だから、このユダヤ系ドイツ人女性が20世紀を代表する政治思想の泰斗であること、若い時はハイデッガーの愛人だったこと、戦後、アメリカに亡命して活躍した人だということなどは知っていた。

著名な女性の政治思想家は珍しい上、そのライフワークは全体主義という強面なテーマ。「全体主義を招来したのは、人間の思考を麻痺させる20世紀の官僚主義だ」というのがその主張の骨子だったと記憶している(全部は読み通せていないのだが。。。)。ハンナ・アーレントの容姿はこんな感じ。知性と思考の塊のような顔をしている。あんまり笑顔が似合わない。

この人を主人公にした映画が岩波ホールで上映中。もしかして映画のエピソードで人柄や私的人生を知れば親しみ易くなるかなと思ったが。。。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

ケネディ駐日大使のエレガンス

駐日米国大使として正式に赴任したキャロライン・ケネディさん。

ニコニコニュース

ニコニコニュース

趣味の良さは遺伝する。20世紀のファッション・アイコン、ジャックリーヌ・ケネディさんの愛娘だから、ファッション・センス抜群なのは当然。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

ダライラマ法王と科学者の対話

昨年に続き、ダライラマ法王が来日中。肌ツヤ良く、お元気そうだ。

http://ilha-formosa.org/より

http://ilha-formosa.org/より

昨日のホテルオークラのイベントに登壇されたダライ・ラマ法王は、緋色の僧衣に身を包んだ全身から立ち上る温かい雰囲気。大きな卵型のお顔、無邪気で人懐っこい、でも知的な目、たくましく筋骨隆々とした身体。少し鼻の下が長く、いつも口角の上がった薄い唇の口元。力強くセクシーなバリトンボイスと、独特のクスクス笑い。これら全てが素晴らしく、法王の辺りからはオーラと清浄な空気が発散していた。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest