映画:イロイロぬくもりの記憶

今年は映画館に映画を見に行く機会がわりと多かった。それも、ミニシアター系のインドや、ドイツ、オーストリアなどの珍しい映画を。

そうした映画の中でも今年ナンバーワンはこの映画かも。

images

繊細で、美しい、そして密かに体制批判的な映画。シンガポール人が、自らの国と、自らをこんな風に描ける、成熟した国だったとは。

舞台はアジア危機の1997年という近過去のシンガポール。共稼ぎの多忙な中華系シンガポーリアン夫婦とワガママな小学生の一人息子。夫婦は働いてお金を稼いて中流の生活を維持するのに精一杯。母親から十分な愛情を得ていない息子は荒れてグレ気味。

母親の2人目の子供の出産を控えて、一家はフィリピン人メイドを雇うことにする。

移民国家シンガポールでは格差に対する人々の感覚はドライ。中流家庭が外国人の住み込みメイドを雇うのは比較的普通だ。近隣の貧しい国々から安価な労働力が円滑に供給される仕組みが整っているからだ。日本だと「住み込みのお手伝いさん」がいる家というと金持ちの豪邸をイメージするが、シンガポールはごく普通の公団住宅に住む人々がメイドを雇い、介護や子育て、家事を担当させる。メイドはメイド用のビザで来星し、週に1度の休日を与えられ、住み込みで働く。そうしたメイドの数は実に多い。

こうした「付加価値の低い仕事をしてくれる安価な労働力」がシンガポールの共働き家庭にどれほどの恩恵をもたらしているかは計り知れない。シンガポールは外国人メイドのおかげで成り立っている国も言える。彼らのおかげで、シンガポール市民は、男も女も貨幣経済にどっぷり浸り、ひたすらゼニコを稼ぐことに邁進し、アジア随一の先進国となったのだ。

フィリピン人メイドの先輩は、この家庭で働くことになった主人公のメイド(カトリック教徒)に「祈っても無駄よ。ここは神のいない国だから」と言い捨てる。たしかに、シンガポールのあっけらかんとしたゼニコ至上的空間に、信心深さや敬虔さは似合わない。

映画は、拝金主義で利己的で殺伐とした機能不全気味のシンガポーリアン家族と、貧しいがまっすぐで倫理観が強く優しい心を持ったフィリピン人メイドの対比が続く。最初はメイドに尊大な態度だった息子は徐々に、フィリピン人メイドに母親にはない<温かさ=母性>を感じて、心を開き、彼女を慕うようになる。

だが、映画はメイドの哀しさだけでなく、拝金主義で利己的で自転車操業的に生きざるを得ないシンガポール人たちの哀しさもえぐり出す。アジア危機の容赦ない不景気風が吹くなか夫は職を失い、妻はスピリチュアル詐欺商法に騙され、夫婦はメイドに払う金がなくなり、解雇せざるを得なくなる。

解雇されたメイドはシンガポール国内に留まることは出来ない。チャンギ空港でのフィリピン人メイドと一人息子の別れのシーンには胸を打たれる。

小学校での体罰(むち打ち)、喫煙や非行に対して不寛容な文化、格差社会や中流階級の生活のタイトさ、母性の欠如——シンガポールの負の側面が次々と暴かれる。主人公の男の子はまだ見ぬ「イロイロ(メイドのフィリピンの故郷の名)」に淡い憧れを持つ。

うーん。こんな風に日本社会を客観視してうまく切り取れって描ける映画監督っているだろうか。

最初は懐かしいシンガポールの景色を見るのが楽しみで行った映画だが、アンソニー•チェン監督の「人間の営みのオーセンティックな哀しさ」を描く巧みさに打ちのめされてしまった。

 

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です