【映画評】「ハンナ・アーレント」

hannah昔、フランスの学校の授業でハンナ・アーレントの「全体主義の起源」が課題図書だった。だから、このユダヤ系ドイツ人女性が20世紀を代表する政治思想の泰斗であること、若い時はハイデッガーの愛人だったこと、戦後、アメリカに亡命して活躍した人だということなどは知っていた。

著名な女性の政治思想家は珍しい上、そのライフワークは全体主義という強面なテーマ。「全体主義を招来したのは、人間の思考を麻痺させる20世紀の官僚主義だ」というのがその主張の骨子だったと記憶している(全部は読み通せていないのだが。。。)。ハンナ・アーレントの容姿はこんな感じ。知性と思考の塊のような顔をしている。あんまり笑顔が似合わない。

この人を主人公にした映画が岩波ホールで上映中。もしかして映画のエピソードで人柄や私的人生を知れば親しみ易くなるかなと思ったが。。。

ナチスを逃れてアメリカに亡命後、夫と共にニューヨークで大学教授生活を送る50代のアーレントが主人公だ。夫と瀟洒なマンハッタンのアパートに住んでいる。スクリーン上の彼女は、ヘビースモーカーで、女友達とゴシップに興じたり、夫とイチャイチャしたり、ホームパーティで大学の友人たちとの交際を楽しむ、知的だが可愛い普通のオバサンとして描かれている。

映画が佳境に入るのは、1960年にナチの親衛隊員で強制収容所へのユダヤ人移送で指導的役割を果たしたアドルフ・アイヒマンが亡命先のアルゼンチンでイスラエルの秘密警察のモサドに拉致、連行され、そのニュースをニューヨークのアーレントが読むところから。アーレントは、ザ・ニューヨーカーの特派員となって、アイヒマンを裁く戦犯裁判の傍聴のためにイスラエルに旅立つ。

アイヒマンアーレントは、「ユダヤ人を嫌いだったのではありません。。。私は命令に従っただけ」をひたすら繰り返し、凡庸な小役人ぶりをさらけ出すアイヒマンの姿(左)を傍聴席で見つめ続けた。そして帰国後、「アイヒマンは極悪人ではない。どこにでもいる、あなたや私と同じような人物だった。問題は、そういう凡庸な人物が究極の悪を働いたという事実の『陳腐さ』なのだ」と書いた記事(『エルサレムのアイヒマン』)を発表し、そもそもイスラエルにはアイヒマンを裁く権利があるのか、と当時のイスラエルのベングリオン首相を批判した。

アーレントの記事はセンセーションを巻き起こし、同胞ユダヤ人たちからは非難ごうごうとなった。彼女の元には「ナチを擁護している」との非難や、「未曾有の苦難を経験したユダヤ民族の苦しみに共感できない、冷酷で傲慢な女」という中傷が殺到した。見知らぬ読者だけではない。昔からの友人たち(当然、皆ユダヤ人)からも、「あんたの書いたことは、あんまりにもひどい」と絶交を突きつけられ、勤め先の大学からは解雇を宣告される。

それでも、アーレントは「ごめんなさい、私、言い過ぎました」と絶対、言わない。突然の個人攻撃に戸惑い、傷つきながらも、断固として自論を曲げず、それを説明しようとする。そしてアーレントはその後の生涯を「悪とは何か?」というテーマの探求に費やしたのだった。

とまあ、映画のあらすじはそんな感じ。正直、主人公に100%感情移入は出来なかった。要するに、ハンナ・アーレントはアイヒマン裁判という超センシティブな出来事に対して、世の中の空気や人々の感情に十分は配慮をせず、政治的に不適切な発言をした「KYな女」だったわけだ。

今も昔も、特定の政治問題や歴史問題は人々の強い感情の琴線に触れる故に、誰かを傷つけたり、怒らせたりしないために、決して紋切り型以上に踏み込んではいけないタブーや偽善が多くある。たまに政治家はうっかり本音を漏らし、すぐその後に、謝罪や前言撤回をする。そういう姿を見て、大人は心の中で思っていることを全て口に出したりしてはいけないということを学ぶ。そんなことは誰のためにもならないからだ。

ハンナ・アーレントは、恐らく子供のような大人だったのだと思う。子供のような曇りのない目でアイヒマンの裁判を見て、子供のように正直に自分の思ったことを口にした。自分の思考と行動を一致させ、自分が真実だと思ったことを述べることが知識人の良心であり、そうすることが皆のためになると考えたからである。

人々は、実際の文章を読んで彼女が本当に言いたかった本旨を理解しようとしないまま、「紋切り型」に収まろうとしないアーレントを非難した。

だが時が経って社会全体の感情の昂ぶりが落ち着いてくるごとに、ハンナ・アーレントの主張をはなから非難する人はいなくなる。裁判から50年以上経った今日、彼女の正直な言葉こそが後世の人々の傾聴に値する言葉として読まれ続けている。大人になろうとしなかったアーレントの勝利だ。

「周囲と対立しても自分にとっての真実を口にし、探求するべきか」、「自分にとっての真実を曲げても和を重視すべきか」は、私たちの日々の生活の中でも決して小さい問題ではない。

私ももしかしたら、いろいろなことで、周囲に迎合しすぎているかも。ハンナ・アーレントに倣って、もっとKYになってもいいかな。。。あ、もしかしてとっくにそうなっている?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です