幸せ3ーー五感の歓び

悲しいこと、辛いことがあったとき。美味しいものを食べ、いい音楽を聞き、いい絵を見て、面白い映画を見て、エステやマッサージに行く。

人は気持ちの良い感覚を、目、鼻、口、耳、肌の五感から感じる。

美味しいものは舌を喜ばせ、映画は目を喜ばせ、音楽は耳を喜ばせ、マッサージは肌を喜ばせる。

素敵な花や焼けたばかりのパンの匂いを嗅ぐ幸せ。それは、前回の記事で分析した、生活が便利になっていく幸せ、変化率を楽しむ幸せとは少し違う。

五感を楽しむ=感覚的快感は、幸せというより快楽(pleasure)かもしれない。

快楽は本当の幸せではない、という人もいる。一時の欲を満たすだけのものだと。僧侶は禁欲を保つ。イスラム教徒には具象画が禁止されている。日本の高校生はパーマをかけることが禁止されている。粗食、ミニマリズムなどの節制を説く最近の動きは、過度の五感の喜びにハマり過ぎた私たち現代人にリセットを呼びかけるものだ。

宗教家や教育家がなんと言おうと、現代を生きる私たちが幸福感の多くを五感の喜びに依存していることは間違いない。娯楽産業や旅行産業など、世の中の実に多くの仕事は、「お金と引き換えに五感の幸せをもたらす」ことを生業としている。売春婦、アーティスト、写真家、パフューマーからエステシャン。彼らはいかに他人に五感の愉しみをもたらせるかによって価値が決められる。なぜなら、社会で生活する多くの人が、五感の快楽を感じたいと願って暮らす快楽主義者で、もたらされる快楽の程度に応じて金を払いたいと考えているからだ。

イスラム教や日本の高校がタブーを設け、快楽の抑制を説く一つの理由は、禁欲ルールをメンバーに守らせることで、メンバーとそれ以外の区別をはっきりし、社会の団結を固めさせるためかもしれない。

五感の喜びを社会が警戒する、より実質的なもう一つの原因は、快楽には浪費や中毒性の要素があり、それに個人が耽りすぎれば社会の規律が乱れ、生産性が落ちるからかもしれない。

麻薬が多くの国で禁じられているのはそのためで、お酒やタバコも浪費や中毒につながる。食べすぎれば、肥満になる。自分の五感の喜びを人生の目的にして、その実現だけを目指せば、自己中心的な人間が出来上がる。

でも、そこまで中毒性はなく、他人にも迷惑かけず、節度を持って追求できる「五感の幸せ=気持ちいい」はある。例えば、花の匂いを嗅ぐ幸せ。嗅覚には中毒性は低いから、花を嗅ぐ幸せに副作用が殆どない。季節の旬の食べ物を楽しむというような楽しみにも副作用は少ない。

副作用が少ない分、永続性もない。花の匂いを永遠に嗅いでいるわけにはいかない。私たちは、瞬間、花の匂いに幸せを感じる。花の匂いは貯めておくこともできなければ、それを正確に記憶することもできない。それで私たちは、花の匂いに執着せず、花のことを忘れて、また人生の目的やら義務やらに向かっていく。

 

沈丁花の匂いは私に幸せをもたらす。まだ咲いていないツボミですらワクワク感を与える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です