幸せ2 変化率

戦前、戦中、戦後を生きてきた83歳の義母は、吉祥寺の繁華街やデパ地下など、モノの豊かさが感じられる場所が大好きだ。義母は、モノがなかった時代からどんどん、日本が豊かになっていくプロセスの生き証人だから。湯沸かし器、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、ガスオーブン、電子レンジ。パンのなかった時代から、山崎の食パンの時代、そして、フォションのブリオッシュの時代。科学技術が発展して日本が豊かになるとともに、義母の幸せも増してきた。

昭和42年生まれの私は、小学校の頃から公害だの、科学技術の発展の弊害だの、科学技術の発展と経済成長のマイナス面を聞かされて育った。生まれた時から、もう日本はかなり豊かだった。冷蔵庫や掃除機は生まれた時からあった。だから、家電製品に幸福感を感じることは少ない。吉祥寺の街やデパ地下の喧騒と人波は疲れるものでしかない。

そんな私でも、最新のMac Proを買って、クラウドで仕事ができるようになると、やはり少しはハッピーになる。飛行機の値段が下がって気軽に海外旅行できるようになって嬉しい。世代は違うが、やはり義母と同じように科学技術の発展と経済的豊かさ、社会の進歩から幸せを感じることがある。

だが、問題は変化の後にたいていの物事が当たり前になってしまうことだ。電気が灯ること、冷暖房のある家に住むこと、冷蔵庫と洗濯機があること、家にiMacとiPhoneとiPadとMac Proがあること、簡単に海外に行けること。そうしたことは、ひとたびすっかり慣れてしまえば、それ自体によって幸せがもたらされはしない。

モノがあるという状態が当たり前だど、人間関係の軋轢だとか、仕事の辛さだとか、家計の資金繰りだとか、体調不良だとか、それ以外の問題で悩み苦しみ、冷蔵庫を持っている幸せについてはもう考えない。

ひとたび、冷蔵庫が故障して、もう町のどこに行っても冷蔵庫が買えなくなったら。冷蔵庫を持っていたありがたさを泣いて噛みしめるだろうに。

こう考えると、幸せをもたらすのは「変化率」と言えそうだ。

「生活が便利になる」といったポジティブな変化が起きる瞬間、そうしたポジティブな変化は人に喜びをもたらす。だが、すぐポジティブな変化が起きた後の状態に慣れてしまうので、起きてしまった過去のポジティブな変化に持続的に喜びを感じ続けられない。

永遠に成長することを前提にした資本主義や、科学技術の発展は、幸せを感じ続けるためには、常にポジティブな変化を必要とするという人の本性に基づいているのだろう。「便利になる」だけじゃなく、「どんどん便利になる」、「綺麗になる」だけじゃなく、「どんどん綺麗になる」がないと、幸せな状態を維持できないのだ。

年功序列という会社の制度も、人が「ゆっくり昇進し、ゆっくりお給料が増えることで、着実に継続的にポジティブな変化率を感じ続ける」ための仕組みなのかもしれない。

目標を持つ、ということも変化率によって幸せを感じるための方便かもしれない。ダイエットのような目標を持って達成していくプロセスは、目標体重に近づくことで、刻々とポジティブな変化率を感じ続けることでもある。よく、学校で先生が「目標を持て」と生徒に言う。いつも目標を作ってそれを達成しようとすると、人に変化率による幸せを感じ続けられる。あらゆる検定を受けまくる資格ジャンキーのような人は、履歴書に書ける資格の数が増えるという変化を楽しんでいる。

問題は、そういう「ポジティブな変化率」を外界の世界で生み続けることが自然の摂理に合っていないかもしれないことだ。どんどん人口が増え続け、人が豊かになり続ければ、生態系が破壊される。人はいつか老いて死ぬ存在だから、永遠にポジティブに変化し続けるわけにはいかない。先進国の経済成長率は頭打ちになりつつある。

そういう意味で、日本が戦争で一回どん底に落ちて、ずーっと上っていく継続的かつ直線的な物質的変化とシンクロさせて人生を送った義母の世代は歴史上、珍しいほど幸せな世代だったのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

幸せ2 変化率」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 幸せ6–それに意味はあるのか?| 下山明子のサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です