専業主婦、共働き、独身キャリア

こんな風に世の中が変わりつつある。これからもどんどん変わっていくだろう。

厚生労働省

バブル時代に大学を卒業した私の世代は過渡期的だから、私のまわりは専業主婦、兼業主婦、独身とさまざまだ。兼業主婦にも専業主婦にも、子あり、子なしがいて、独身にも、ずっと独身、バツ1、バツ2がいて、子あり、子なしがいる。そして、働き方も、大学卒業後にずっと同じ会社で働いている人がいて、何度も転職している人、正規雇用の人、非正規雇用の人がいる。専業主婦から兼業主婦になる人がいて、兼業主婦から専業主婦になる人がいる。

そして、お金持ちがいれば、貧乏な人もいる。

幸せな人も、そうでない人もいる。

同じ日本人で、同じ時代に生まれた育った女性でも、どんなカテゴリーに属するか、過去にどんな推移を経てきたかによって、ライフスタイルや頭で考えていることが違ってくる。

男性と比べて選択肢がたくさんあるから、女性にとっていい時代になったと言われる。でも、多様だからこそ難しいこともある。

とくに、人間関係が。

境遇によって得る情報、人生の目標、住む世界が変わるからだ。住む世界が違うと関心事が違うから、自分の思いに共感が得られにくくなる。たとえ親子であっても世代間ではさらに、共感が難しくなる。専業主婦が普通だった母の世代と、まだら模様の私たちの世代と、結婚しようとしまいと働くのが当たり前の娘たちの世代では、もう違う星に住んでいるみたいだ。

境遇の違いが「お互いがお互いをわからない」ということに止まらず、「羨ましい」「かわいそう」「自分より上だ、下だ」という、嫉妬、同情、比較競争のような感情に結びつくと最悪だ。最悪だと思うから、自分も他人にそういう感情を抱かれないように努める。先を見越して、羨ましいと思われないようにしたり、可哀想だと思われないようにしたり、ひたすら自分を隠す。地雷を踏まないように、万事につけ当たり障りなくなる。他人のありのままを理解しようともせず、自分のありのままを理解されようともしない。他人に助け舟も出さなければ、助けを求めもしない。

そして少しずつ、変化を諦め、他人と関わることを止め、偏狭になっていく。

理想はその反対だ。自分の生き方に誇りを持ち、他人の生き方も尊重する。他人との共通項を見つけようと努力するとともに、適度な他人との距離感も取れる。

そんな大人の女性に会うと感動する。対立より融和を選ぶ人。共通点を見つけようと努力する人。自分と他人の違いに純粋な好奇心を持てる人。他人の幸せを自分の幸せと感じられる人。自分の弱さをさらけ出して、しかも人に寄りかからない人。教えを乞うことをいとわず、逆に自分も無償で人に教えてあげられる人。どんな人とも水平に付き合える人。理性的な判断をしつつ情にも厚い人。

そうした女性は、専業主婦にも、兼業主婦にも、独身にも、子ありにも子なしにもいる。

もちろん女性だけでなく、男性にもいる。

そういう人は、必ずしも、一番、世の中で成功している人ではないかもしれない。陽の当たるところにいないかもしれない。でも、多分、社会はそういうまっとうな人によって支えられている。そういう人のおかげで、一人一人に違いがあっても社会はまとまりを失わない。

幸いなことに日本の社会にはそういう人はまだたくさんいる。

サウイフヒトニワタシハナリタイ。

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です