マサイ•シューズ

足首、骨盤トレーニング、股関節、リリース、ゆる体操。。。ボディ再発見の旅の途中でひらめいた新しいキーワードは、「マサイ族の靴」。そう、MBTシューズだ! 週末、早速、東銀座の店に自転車で駆けつけて買った。スカートにも合わせられるシリマのチョコレート色のパンプス形のものを。幸い、セール中だったので、普段より安く買えた!

Exif_JPEG_PICTURE

マサイ族のような美しい姿勢を作るための、底が丸い独特の形をしたスイス製のウォーキング用の靴。そういう靴が存在していることは随分前から知っていた。でも見た目を気にしてハイヒールを常用していた3年前までの私にはデザイン性の乏しいウォーキングシューズをわざわざ高いお金を出して買う動機も欲望もなかった。

ちなみに猛暑シーズンの私の足下はハワイアナスのビーチサンダル。こればかり。ビーチサンダルは足に悪いという説もあるが妄説だと思う。だって、日本人はずっと健康に草履を履く生活をしてきたのだもの。通気性が完璧で、締め付けられることもなく、濡れてもOKなシンプルなビーサン、最高。

ちょっとヒールがあるとお洒落感も出る

ちょっとヒールがあるとお洒落感も出る

さて、マサイの靴。履いてみると。。。。とてもいい!

最初は疲れるとか、筋肉痛がするとか、立っていられないなどと聞いていたから、慣れるまで相当時間がかかるかと覚悟していた。でも履いてすぐ、コンフォタブルと感じた!

ハイヒールと違って足首をしっかり使って歩く実感がある。しかも、スニーカーと違って、ちょっと不安定な感じが残る。バランスディスクの上に乗っているような。。。。前に片足を出すときには、ソールの傾斜を利用すると、直直進的な推進力が付く。その推進力に素直に従って歩くと、私の悪い癖である太ももの内旋と膝下のフロッピングが起きにくくなる。そして立っている時の感覚も変わってくる。MBTシューズを履いて立っているときには足の外側ー後方に重心がかかる。ふくらはぎとハムストリングが軽く引っ張られる感覚がある。その結果、腿の表側の大腿四頭筋の緊張がリリースされる。なるほど、これが続くと足は細くなるかも、と思う。

MBTの解説書によると、不安定なソールのせいでMBTを履いているとラージマッスルではなくて、普段、使われないスモールマッスルが使われて、その感覚が目覚めるという。心身ともに微細な感覚を鍛えたい、今の私に最適だ! この足底考えた人、すごい!

さすがに骨格が違うので、絶対こんな風にはなれないでしょうが。。。マサイ族、素敵。

さすがに骨格が違うので、こんな風にはなれないでしょうが。。。こういう体型の人の身体感覚は私の身体感覚と全然、違うのかな?

この機能シューズで嬉しかったのは、履いた時の見た目がダサいどころか、むしろすごくガーリーで上品でキュートだってこと。

Exif_JPEG_PICTURE

宮崎駿のアニメに出てくる魔法使いの女の子みたい。大好きなインド木綿のゆったりしたプリント•ワンピースやAラインのスカートにぴったりだ。

機能靴であるMB Tシューズにはスニーカーっぽいデザインが多い。だが走るための靴ではなくてあくまでアスファルトの上をテクテク歩くための靴なのだから(走ってみようとしたが、うまく走れない)、あまりスポーティではないデザインの方が使いでがあるだろう。買い物やら美術館や映画館へのお出かけにひたすら履きまくるのだ!高価だといっても、有名ブランドのヒール靴などから比べると決して高くはない。そして、この履き心地はMBTの靴以外には絶対、ない。

こんなに嬉しいお買い物は久しぶり。

この靴のおかげで秋の訪れが楽しみになってきた。

冬用に二足目購入をすでに決定。今度はパンツに似合うショートブーツ•バージョンを買おう!

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です