チベット男のLINEアニメーション・スタンプを作りました

おはようございます。

Adobeのアフターエフェクトを使って、チベット男のアニメーション・スタンプを作りました。良かったらご覧になってください。

https://store.line.me/stickershop/product/3057585/ja

昨年、イラストのスタンプを作ったときには、まだ、イラストレーターすら使っておらず、GIMPSという無料ソフトを使っていました。その後、Adobe Creative CCを導入し、1ヶ月、学校でアフターエフェクツの使い方を学び、やっとここまで作れるようになりました。

キャラクターを動かすには、DUIKという無料プラグインが便利なことをネットで知り、使い方を独学で覚えました。チベット男の四肢の動きは、DUIKを使っています。

人(と動物)の動きを再現するには、Kinematics(運動学)とInvert Kinematics(逆運動学)の両方があり、DUIKは<後者=手先、足先の運きから全身に動きを伝達させる>というものです。これまでアニメーションを漫然と見ていましたが、実際に作ってみて、いかにプロのアニメがすごいか、思い知りましたよ。

ちなみに、このような本やサイトを参考にしました。モーショングラフィックスの世界は物理学や数学など、私の今まで縁のなかった分野につながっていて、新鮮です。

Alan Beckerのアニメーションの12の原則

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です