チベット愛のジャーナリスト、ビジェイ・カランティへのインタビュー

チベットの亡命社会を46年間、見守ってきたビジェイ・カランティ氏にインタビューをしました。チベットが再び、中印の緩衝地帯になることを望んでおられます。

http://www.tibethouse.jp/news_release/2018/181107_KRANTI.html

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です