チベットと私

私は基本的に主婦+翻訳業ですが、チベット亡命政権(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所)の翻訳ボランティアとカワチェンでのチベット語の勉強も生活の一部です。

チベットと関わるきっかけは、シンガポールに住んでいた2008年に、日本のチベットハウスのホームページ上の「チベット旅行者のための状況説明書」を翻訳したことでした。

以来、チベット問題、チベット仏教、チベット語、チベット文化にチベット料理。チベットについて少しずつ学んでは驚いたり、面白がってきました。チベット人の知り合いも少しずつ増えました。

一昨年、ダラムサラを訪問したとき。チベット亡命政権情報国際関係のプロトコール担当官ソナムさんと私。

ダラムサラの図書館で会った人たち

組織に属さず、専門家でもない無名の私がチベットのことを発信しても、誰に届くのか心もとない。チベットというマイナーなジャンルへの引け目、筆力や知識の乏しさ、深刻かつ重大な側面のある情報を私的ブログで発信することへのためらいもあり、これまであまり書けないできました。

でも、思えばずいぶん長くチベットに関心を持っている。チベットの方々から色々なことを教えていただいた。チベットを通じて、インドや中国にも興味を持つようになった。多分、これからもずっとチベットに関心を持ち続けるだろう。一サポーターとしての立場を踏まえつつ、これから、もっとチベット語を学び、本を読み、積極的に旅行し、人と出会い、話し、感じたことがあればそれをまとめ、他の人ともっと分かちあいたいと思っています。

日本人とチベット人は顔が似ているし、言葉も似ています。日本人とチベット人を個人で比べるとそんなに変わりません。亡命チベット人は皆、数カ国語を操るし、バイタリティがあります。インテリで弁のたつ人も多い。にもかかわらず民族、社会、集団として見るとチベットの置かれた状況はあまりに綱渡り的に厳しいものです。

チベットを知ることで、自分の住む日本という国の成り立ちにも関心を持つようになりました。

ダライ・ラマ法王のお兄さんギャロ・トゥンデュップさんの自伝を一部抄訳してをまとめてアップしました(こちら)。翻訳出版してくださるところを見つけたいのですが、なかなか見つかりません。良かったらご覧になってください。チベット問題と国際関係の複雑さがわかります。

自伝の拙評はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です