ジュエリーの歴史の学び方

知人の紹介で元ミキモトの宝飾エクスパートでおられる増渕邦治先生の「ジュエリーの歴史の学び方」に参加した。

歴史の流れを俯瞰する、美術様式を把握する、ジュエリーの技法を理解するの3本立ての2時間。

還流ダイヤ(=買取され、再加工され、再び流通するダイヤモンド)の話。カルロ•ジュリアーノやファベルジェ、カステリーニといった19世紀ヨーロッパの名工の話、ピクウェ、パート•ド•ヴェールといった昔の技法の話。

Carlo Julianoによるブローチ。1890年代英国。めっちゃ綺麗! http://www.berganza.com/jewellery_ref_11283.htm?search_category_id[]=6&page_num=0&page_size=72

Carlo Julianoによるブローチ。1890年代英国。めっちゃ綺麗!
http://www.berganza.com/jewellery_ref_11283.htm?search_category_id[]=6&page_num=0&page_size=72

ファベルジェのイースターエッグ。欧州ブルジョア文化の粋! http://www.mirror.co.uk/news/technology-science/technology/peter-carl-faberges-creations-pictures-853596

ファベルジェのイースターエッグ。欧州ブルジョア文化の粋!
http://www.mirror.co.uk/news/technology-science/technology/peter-carl-faberges-creations-pictures-853596

チベットのジュエリーやアメリカン•インディアンのプリミティブなビーズ細工に惹かれている私には、古き良きヨーロッパの貴族やブルジョワの端正で高価な博物館級の名品や超絶技法は縁遠い存在なのだが、それでも、知らないよりは知っている方がずっといい。

そして、なんといっても「お勉強」は楽しい。

懐かしいな、ヨーロッパ。昔、フランスで”Histoire de style”という本を元に家具調度の様式を勉強したことが懐かしく思い出される。

華麗なジュエリー文化は、洗練された料理同様、巨大な富が集積する中央集権国家の宮廷など「金持ち有閑階級」が多くいる場所で花開く。チベット、中国、ペルシャ、オスマン•トルコ、インドのムガール帝国、絶対王政下のフランスや産業革命後のイギリス。。。ユーラシア大陸の多くの地域も永々と続くジュエリー文化がある。

対して、我が国日本のジュエリー文化は極めて浅い。

日本には根付や帯留めなど世界に誇る工芸文化があるものの、イヤリングやネックレスを付ける習慣は 長いこと存在しなかった。

私は亡くなった大正生まれの祖母の遺品の着物をいくつかもらったが、ジュエリーはなかった。祖母は殆ど何も身に付けていなかったから。一握りの上級階級の女性を除き、わずか3代前の日本人女性にはジュエリーやアクセサリーを付けるという習慣がなかったわけである。

もともとジュエリーやアクセサリーは、多くの地域で装飾や魔除けといった目的の他、移動の際に資産を持ち運ぶ手段として発展したという。

だから、遊牧民族のチベット人やモンゴル人は男も女もジャラジャラ。ラスト•エンペラーに登場する紫禁城の満州族の皇族や宦官たちも皆、コーラルやターコイズのネックレスをジャラジャラ。

842270cf1c62cb50a115c359ec0acdaf

でも土地に縛り付けられて動かない生活が長かった農耕民族の日本人にはアクセサリーをジャラジャラつけて持ち運ぶ必要はなかった。

今でも日本人女性が好むのは細い華奢は18Kのチェーンに小さなペンダントヘッドが付いたネックレスや極小のピアス。「ジャラジャラ系」はキワモノで、なかなかメインストリームにはならないし、ミュージシャンやアーチストでもなければブレスレットを付けた男性も少ない。

そんなことも、すべて歴史のせい…。

そんな認識を新たにした講義でした。

増渕先生、ありがとうございました。

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です