シンガポール讃① どんな言葉並べても君を讃えるには足りない

8年半ぶりにシンガポールを旅行してきました。

シンガポールは昔住んだ国。短いセンチメンタルジャーニーでしたが、街全体を包む活気と快適さにため息が出ました。

バブル時代にピークを迎えた日本という国が静かにゆっくり衰退しつつあることを実感した旅でもありました

できれば、もっと深い縁で結ばれたかった、でも知らなかったより知った方がずっと良かったシンガポール。片思いのラブレターのような思いを綴りました。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です