もしダライ・ラマがいなくなったら——すべてを包み込む象徴の重み

こんにちは。

今年は冬が来るのが遅く感じられましたが、それでも12月に入って一気に年の瀬が迫ってきました。追い立てられるように2018年も終わろうとしています。

コラムを更新しました。良かったらお読みになってください。

もしダライ・ラマがいなくなったら──すべてを包みこむ象徴の重み

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です