そのこと自体が楽しいこと

忘年会に年賀状書き。請求書の銀行振込み。役所の手続き。学校からのアンケートへの回答。歯医者や粗大ゴミやレストランの予約。インクカートリッジの交換。契約書に調印し、スキャンしてPDF化して送る作業。用事は次から次へと出てくる。仕事をしている最終も宅急便はひっきりなく、ピンポーンが鳴ってドアを開ける。受取り、ダンボールを開けて、中身を取り出し、ゴミを分別して捨てるのにも5分。あーあ。時間はさらさらと過ぎていき、また雑用と小さな義務に忙殺されてやりたいことは何もできない日が終わる。

チクセントミハイの古典的名著「フロー」は、<フロー=最適体験>と呼ばれる幸福な時間について詳細に分析した本だ。チクセントミハイによれば、フローの体験の最も重要な要素は、「その体験がそれ自体を目的とするような体験」だという。こうした体験はautotelic experienceと呼ばれる。

雑用は、「それ自体が目的でない行為」の典型例。私たちは多くの時間をそのことを目的としないことに使っている。振込みのためにATMで列の最後尾に並ぶ行為は、「送金」「債務の決済」が目的であって、列を作って立っていることそのものは目的ではない。インクカートリッジ交換は、プリンターの正常な機能のための行為であり、粗大ゴミの撤収を予約し、ステッカーを買って張るのは、家の中から不要なものを除去するために避けられない手続きだ。

家事や生計を立てるための仕事とは、本質的に「それ自体が目的ではない」行為の連続だ。社会は無数の人々のそれ自体を目的としない無数の営為が積み重なって機能している。

毎月の預金通帳の数字だけを楽しみにする仕事や、合格のみを目指して教科書を丸暗記する受験勉強は非autotelicな行為だ。よく接待で高級レ ストランに行っても美味しいはずの料理を美味しく感じないという話を聞く。これも、レストランに行く目的が料理を味わうこと自体ではなく、食事相手を喜ばせるための手段であり、 非autotelicな行為だからそうなる。

そのこと自体に喜びややりがいのない手段のための行為が一日の時間の大半を占める生活はストレスが溜まる。これに対し、煙草の喫煙、マッサージ通い、ショッピング、友だちとのチャット、インターネットのザッピングなどは、「そのものの楽しさ」を追及する行為に時間を費やすことで私たちはストレス解消を図る。

ただし、実際にはautotelicと非autotelicの区別がそれほどはっきりしない行為もある。どんな仕事にも「目的達成のために我慢してやらなければならない部分」と、「行為そのものが楽しい部分」がある。たとえば、私にとって、業務マニュアルや契約書の翻訳は基本的に非autotelicな仕事だが、面白い本を翻訳することは、そのこと自体が楽しいautotelicな仕事だ。営業が天性の仕事という人は、他人を説得して動かすという行為そのものが楽しく、そうした楽しさの向こう側に報酬があるという。そういう人にとって、給料は我慢料ではない。

美容院に行くのは、ヘアスタイルの維持という目的のための非autotelicな行為だが、綺麗で快適な空間で他人に髪をいじってもらいながら雑誌を読みふけるのはautotelicな時間でもある。掃除は空間を清潔に維持するための手段としての非autotelicな行為だが、禅の修行では掃き清めるという行為そのものに意味が与えられる。青空の下で八百屋を言葉を交わしながら新鮮でカラフルな野菜を選んで買うショッピング。小麦粉をこねて美味しいパンを作る行為。あらゆるコミュニケーションや創造は、手段であると同時にそのものが目的にもなりうる。

楽しい時間を多く過ごす人生が幸福な人生だとしたら、幸福の鍵は日々の生活でできるだけ非autotelicな時間を減らしてautotelicな時間を増やすことだろう。もちろん、「行為そのものが楽しくなくても、目的に近づいているという感覚そのものが楽しい」というような幸福(例:たとえば貯金や受験勉強、ノルマ営業)もある。現代の教育はそうした目的志向的な人格の形成が目的としている。組織は共同の目的に向けて邁進しているし、ビジネス社会では、目的志向のマインドがなければ成功は難しい。目的志向的な私たちの社会では、経済発展に寄与しない「autotelicな行為」は非生産的で非道徳的と見なされやすい。

私もautotelic experienceを追求することにためらいがあった時期が長かった。でも40歳を過ぎて変わってきた。今のモットーは、①お金と同じくらい時間を大切して、やりたい仕事を選ぶこと、②しなければならない仕事はなるべくそのものを楽しいものとするように工夫すること、③どうしても楽しくない「雑用」は、なるべく効率化すること--だ。人生は時間に他ならない。少しでも手段と目的が重なる時間を長く過ごして豊かな人生を生きたい。

ビーズとかかわる時間はautotelicな時間

ビーズとかかわる時間はautotelicな時間

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です