【映画評】メトロマニラ世界で一番危険な街

現金収入と機会が少ない田舎から若者が希望を持って都会に出てくる。貧困のどん底からスタートし、勤勉と才覚、人との出会いを通じて苦難を乗り越えて成功していく。私たちはそういう物語が大好きだ。エビータ、マイフェアレディ、スラムドッグミリオネアなどの映画。もしくは西原理恵子さんの人生のような実録サクセスストーリー。

この映画も最初はそんな映画に思えた。

田舎から出てきて住むところもない主人公の夫婦が、逆境に苦しみながらも、仕事を見つけて、親切な人と出会って、屋根のある家に住み、そして。。。。

夫婦は若く、敬虔なクリスチャンで、善人で、才覚もあり、美男美女。観客は「ガンバレー」と文句なく感情移入できる。

だが。。。。フィリピンの現実はそんなに甘くなかった。

腐りきった大都会に出てきたカネのない人たちにとって、努力、正直、勤勉は通用しない。ストーリーが進むごとに観客は嫌というほど見せつけられる。マニラでは、貧しい人が合法的にミドルクラスのマトモな生活に行き着くまでの道筋はあまりに険しい。

どうやったら、歯が痛い子供を歯医者にやれるか?今日の夜ご飯を手に入れられるのか?

貧乏人の経済学では、いかに貧乏人は頭を使って生活しないと生き残れないかが詳しく描かれていた。この映画はまさにその実録ドキュメンタリーだ。

こうしたドキュメンタリー調の前半からうって代わり、後半はサスペンス調になる。ラストの結末、主人公の究極の実存的選択はあまりに衝撃的だ。

99%の絶望に対して1%の希望。ものすごく素晴らしい、余韻の残るラスト。

映画のテーマは、ひたすら、貧困、貧困、貧困。相対的貧困ではなくて、絶対的貧困。貧困の中で逆説的に強まる家族の絆。

フィリピンの貧しさの理由を思いつくままにあげると次のようになる。

1人口過多

→ヒトがどんどん、生まれる。多すぎる!日本の真逆だ!ヒトが多すぎるから食べられない。労働供給が過剰だから働く人は買い叩かれる。

2 農村の荒廃、まともな仕事のなさ

→農村があまりに貧しい。だから、ヒトがますます都市に集まる。でも、都市にもそのヒトたちを食べさせるだけの仕事がない。教育のある人ですら青息吐息なのだ。貧しい人たちは生きていくために、水商売、危険な仕事、麻薬関連に手を染めるしかない。

3 法律の不徹底

→政府を信用し、法律をちゃんと守っていたら、食べていけないという不条理。

フィリピンのシュールなところは、貧しさが豊かさと隣り合わせだということだ。悪臭とスラムを見ないことにして、高層ビルだけを写せば、写真に写ったマニラの街並みはそれほどシンガポールと変わらない。マニラのショッピングモールは、日本のイオンモールより綺麗で活気がある。

貧しい人たちは、お金のある人たちと取引しながら生活している。上京してきた主人公は金持ちのカネを運ぶ仕事をし、奥さんは白人相手のバーで働いている。

貧しい人は経済の生態系から排除されているのではない。そこに、しっかり組み込まれている。金持ちと貧乏人は社会的には交わらない。だが、経済的には相互依存している。

 

この映画は、そうしたマニラの不思議な姿を掬いとっている。

不思議なのはマニラだけではない。相互依存しているのは何もマニラの金持ちと貧乏人に限らない。世界が経済的な絆で相互依存している。フィリピンと日本もまた相互依存している。

↑日本とフィリピンの相互依存関係をテーマにした古典的名著

この映画を作ったのはイギリス人だという。こういう深い視点でフィリピン社会を題材に捉え、商業作品に仕上げ、私たちにモノを考えさせてくれるのは、フィリピン人ではなくイギリス人。そのこともまた、世界は実に奇妙で複雑だということを教えてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です