【映画評】わたしは、ダニエル・ブレイク

「カスタマーファースト」の資本主義は、たくさんお金を払ってくれる人に優しく、少ししか払わない人に厳しい。

何度電話しても通じないサポートサービス。キャンセルできない格安航空券、ネット予約しか受けつけない病院、徹底的に無駄を省いた飲食店。それらはこの30年でずいぶん増え、テクノロジーの進歩はそれに拍車をかけた。ひどいサービスにイラつくこともあるが「まあ、安いから、自己責任でしょうがないかな』とも思う。効率化のおかげで昔は高かったサービスが随分、安くなっているからだ。

非人間的サービスがいやで、ネットが苦手なら、提供者に厚い利幅をもたらす高価な商品やサービスばかりを買えばいいのだ。実際、企業に利益をもたらせば、こんなに親切にしてもらえていいのか?と思えるほど感動するほど温かくで手厚いサービスが買える。それはビジネスクラスの飛行機に乗ったり高級ホテルで食事をすれば、わかる。多くの利益をもたらす人は大切にされる。もたらさない人は人間の尊厳すら奪われる。世の中の多くのことが金の沙汰だから、私たちは貧乏になりたくない。

でも私たちのそういう気持ちと行動が複雑なフィードバックループによって、積もり積もれば弱い個人が生きにくい社会と不安を作り出している。

雇用の少ない地域に住む人、生産性の低い労働に就いている人、安定した賃金をもたらす仕事に就くだけのクオリフィケーションがない人、介護や子育てなどの家庭内の非経済的な営みに時間を取られるのに誰にも扶養してもらえない人、病気や事故のような不慮の事態で働けなくなってしまった人。それらのために家庭と社会のセーフティネットがあり、政府の所得分配機能がある。それがなければ、強者と弱者には同じ社会に住む人としての感覚が失われ、民主主義が崩壊してしまう。

でも、そうしたセーフティネットにまで資本の原理と最新のテクノロジーが導入されたら?

それが巨大な官僚機構とマニュアル主義に結びついたら?

弱者の中の弱者はいよいよ野たれ死ぬしかなくなる。

この映画はそんな「野たれ死に」の実態をリアルに描いた映画だ。

主人公のダニエルは大工。真面目で人格の立派な人だ。ただ、人生の不運により身寄りがないまま病気になってしまった。納税者の当然の権利として行政に手当の申請をするが、行政の庇護を受けられない。新しいテクノロジー、官僚主義、行政の効率化など様々な理由で。。。。福祉の窓口担当者を含めダニエルを窮地に追い込む悪意の個人は誰もいない。社会の仕組みによってダニエルはもがきながら、じわじわと殺されていく。そのカフカのような(でも私たちにもうすうす身に覚えのある現代社会の)不条理がぞっとするほど怖かった。

そうした不条理に対抗するのは人間としての思いやりと助け合いの心だろう。ダニエルは自分が苦境に陥りながらも貧しいシングルマザーの隣人ケイティを助け、ダニエルの隣人たちもまた、ダニエルに手を差し伸べようとした。弱者は弱者同士で互いに温かさを与え、助け合おうとする。

でも、それだけでは足りない。ダニエルのような人を生まないためには政治の力と、個人的な関わりを持たない多くの人にも共感の心を呼ぶコミュニケーションの力が必要だ。そう、この映画のように。

リアルに、感情に溺れず、社会の冷徹な現実を切り取って見る人の心に訴える映画にした80歳のリーチ監督は素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pagePin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です